キックボクシングのご案内

キックボクシングでダイエット&ストレス発散

一般的なキックボクシングというと音楽のリズムに合わせてパンチやキックを繰り出し、インストラクターやみんなと一緒にエアロビクスのように身体を動かす事がメインです。 グローブを付けたり、ミット打ちなどもありません。

STYLEのキックボクシングは、K-1ファイター池本誠知が考案したプログラムで、ウエスト、ヒップ、脚、背中の引き締めに特化したメニューをトレーナーとマンツーマンで行っていきます。

実際にグローブを付けてプロのトレーナーのミットに、パンチやキックのコンビネーションを打ちます。そうすることで、エアロビクスのような全身運動になりますし、理想のボディライン創りを実現すると同時に「仕事や日常のストレスを発散出来る!」との声がたくさん寄せられています。

また、護身に必要な動きがダイエットを行いながら身に付くのもメリットの一つです。

キックボクシング風景:キック

STYLEのキックボクシングとは?

“プロ格闘家”のトレーナーがマンツーマンで指導いたします。

動的ストレッチから始まり、自身の体重を使ったスロートレーニングや、鍛えても太くならないインナーマッスルにアプローチするバランス系のトレーニングを中心に約30分、下半身から上半身、最後に腹筋と体幹をトレーニングした後、有酸素運動にキックボクシングを行っていきます。

通常、有酸素運動を始めた20分くらいまでは、脂肪は燃焼されず食べ物や筋肉の中に蓄えられていたエネルギーが消費されるのですが、トレーニングで既に食べ物や身体に蓄えられていたエネルギーを消費しているので、その後に行う有酸素運動のキックボクシングでは、始めから効率良く脂肪を燃焼させることができます。

プロ格闘家とのマンツーマントレーニングの写真

“減量やトレーニングの経験が豊富な”プロ格闘家トレーナーがあなたを徹底サポート

普段は自分を追い込むことは、甘えやそもそもやり方がわからないといった理由からあまりできない。

でもSTYLEはプロのトレーナーがお客様それぞれに合ったプログラムを作成するので、限界まで出来る。

1時間の短期集中というのも時間を有効に使いたい忙しい方ににオススメする理由です。

プロ格闘家トレーナーの徹底サポートの写真

ボクシングとの違い?

パンチだけのボクシングと違い、キックは全身を使うので、全身が引き締まります。

足、腰、肩、腕、体幹の全身を使って打てるように指導します。

さらに、パンチで肩甲骨、キックで股関節を動かすことにより代謝が上がり、柔軟性の向上にも繋がります。

結果、全身運動となり今までなったことがない箇所が筋肉痛になります。

自然とシェイプアップ、ボディメイクができているんです。

ボクシングについて>>

ボクシングの写真

仕事や日常のストレス解消になり、“追い込まれた感”が心地よい

通常の有酸素運動と違い、実際にグローブをつけてプロのトレーナーの持つミットに、全力でパンチやキックのコンビネーションを打ち込みます。

既存のお客様から、「バシッと当たると気持ちイイ!」との声が多数寄せられています。

普段は、自分に甘えがついつい出てしまう、でも心強いプロのトレーナーが引っ張ってくれるので極限まで出来る。

また、物騒な世の中、いざという時の護身に必要な動きが楽しんでボディメイクしながら身に付くのも大きなメリットです。

女性がキックボクシングをしている写真

ハードで辛いのではないか?

あくまでキックボクシングの動きを通じて、楽しくダイエットやボディメイク、健康増進することが目的です。

脂肪を1番効率良く燃焼させる運動強度は、喋りながら行える程度の強度である心拍数120~130。その心拍数を保ちながら行いますので、無駄に辛い思いをすることなくシェイプアップしていただけます。

女性がダンベルトレーニングをしている写真

女性でも安心して通える理由

首都圏では、モデルや芸能人にブームを巻き起こしているキックボクシング。

「限界まで出来る」とはいえ、当店のキックボクシングのレッスンでは実際に殴り合ったりするわけではありません。

毎回、体力や目的に合わせてベストなメニューを指導させていただきます。

格闘技の事なんて知らなくたって、やったもん勝ち。

叩いて蹴ってシェイプアップしながらストレス発散まで出来ちゃうキックボクシング。

ぜひ1度、体験してみませんか?

プロ格闘家・角田成健の写真

キックボクシングの参考記事

まずは見学・体験トレーニングや【無料】のカウンセリングを受けてみませんか?今すぐ下記へご連絡ください。※無理な勧誘は一切行っておりません。お気軽にご連絡ください。06-6585-7112

メールでの体験トレーニング申込み・お問合せはコチラ

友だち追加数

ページトップに戻る